インゴシマ4巻

インゴシマ4巻28話ネタバレ感想!【男なんかに負けない!】

更新日:

インゴシマ4巻28話ネタバレ感想!【男なんかに負けない!】
インゴシマ4巻

 

こんにちは!

 

マンガボックスで連載中の漫画「インゴシマ 」。

 

緊張感あふれる展開と、かなりエログロな展開が話題です。

 

そんなインゴシマ4巻28話、洞窟を出た高崎たち。

 

しかし嵐に巻き込まれ、道を見失ってしまいます!

 

→無料試し読みはこちらから
「インゴシマ」で検索してみてください^^

 

インゴシマ4巻28話あらすじ&ちょっとだけネタバレ!

ここはヤバイ!高崎の提案で、洞窟を出た一行。しかし夜の嵐で道を見誤り、ケイタとの連絡も途絶えてしまいます。

 

「インゴシマ」はまんが王国で最速先行配信中!

単行本はここが一番早く読めます!

無料試し読みはこちらから♪
→まんが王国
「インゴシマ」で検索してみてください^^

「インゴシマ」前回のあらすじはこちらでチェック!

 

真夜中の嵐

 

洞窟に潜み、体を休めていた高崎たち。

 

しかし甲斐谷を置い、洞窟の奥の凄惨な現場を目にした高崎。

 

冷静さを失った彼は、ここから逃げ出すことを提案します!

 

彼の意見に従い、ケイタたちの元に向かうことにした一行。

 

しかし、今は夜。

 

視界もない闇の中を歩くことで、体力は消耗。

 

さらに嵐に巻き込まれ、退路さえもなくなってしまいます。

 

高崎の焦り

 

そんな中、橘を気遣い、まともに水分を取っていなかったさくらが倒れてしまいます!

 

ひとまず休もうと、小さな岩陰に入った一行。

 

さくらと菜帆、女子二人だけを中に入れ、男たちは壁になる。

 

しかしさくらの容体は回復しません。

 

こんなことしている場合じゃない!と苛立ちを募らせる高崎。

 

しかし陸は、重大な事実に気づいてしまいます。

 

 

インゴシマ4巻
「インゴシマ」4巻

 

退路を断たれて

 

自分たちは「海岸線沿い」に歩いてきたつもりだけれど、海は動いている。

 

だから。

 

「だいぶ内側に来ちゃってるかも・・・」

 

もしかしたら、だいぶ前にコースアウトし、道に迷ってしまったかもしれない。

 

陸の言葉に、青ざめる高崎。

 

さらに持ち出した水や食糧も底をつき、そろそろ限界が近い。

 

そして、さくらの容体も。

 

「・・・ざっけんなあっ!!」

 

暗闇の中、高崎の絶叫だけが響き渡るのですが・・・?

 

→無料試し読みはこちらから
「インゴシマ」で検索してみてください^^

 

「インゴシマ」4巻28話読んでみた感想

焦るあまり、道を見失った高崎。そして迎えた朝。無線は切れ、さくらの容体は悪化。最悪の状況の中、菜帆は大きな決断をします!

 

インゴシマ4巻28話。

 

洞窟の奥の惨状を目にし、ここを出ることを強行した高崎。

 

しかし暗闇の中の移動は、やはり無理がありました。

 

道を見失い、さくらの容体も悪化。

 

朝の光に、自分の失敗を悟った高崎。

 

しかし事態は一刻を争います。

 

その時、親友であるさくらのために、菜帆がある決断をするのですが・・・?

 

「男なんかに負けない!」

 

甲斐谷に犯されかけ、心も体も傷を負っているはずの菜帆。

 

なのにこの強さは・・・。

 

高崎も少しは見習った方がいいです(笑)

 

女は強し!ですね!

 

次回、この菜帆の決断が、事態を打開できるのか?

 

そして彼女は大丈夫なのか!?

 

・・・目が離せない展開です!

 

→無料試し読みはこちらから
「インゴシマ」で検索してみてください^^

 

「インゴシマ」主な登場人物

「インゴシマ」主な登場人物をまとめてみました!

 

【主人公サイド】

 

・東堂啓太

主人公。ゲーム世界ランク入りしているオタク。

地味な性格だが、好意を抱いている葵がらみのことになると人が変わる。

自前のデバイスを駆使し、葵を救うため奮闘中!

 

・宮原葵

啓太の幼馴染。シマビトに拉致される。

過去に何らかの犯罪に巻き込まれた経験あり。

啓太の葵への執着(?)も、その事件に関係しているか?

 

・高崎光博

いわゆる不良生徒。腕に自信あり。

人を殺したことで動揺している。意外とチキン?

 

・市原菜帆

・島崎さくら

・橘進之介

 

・アキラ

島に漂着した米軍の生き残り。

高い戦闘力と、冷静な判断力で啓太達に協力している。

 

【シマビト】

 

・ガモウ

シマビトの王?屈強な肉体を持つ。

 

・チオモ

ガモウの母。司祭的存在か?

 

・シマビト

島の住民。ほとんどは正気を失っている。

 

・イヤッコ

奴隷階級。男は肉体労働をさせられ、女は男の性処理道具となる。

 

・大矢野桐羽

ガモウの妻。葵たちと同じ漂流者。

しかしガモウの与える快感に酔いしれて・・・?

こんな記事も読まれています

-インゴシマ4巻
-, ,

Copyright© 「インゴシマ」無料ネタバレ感想 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.